selfcareSupportは薬局機能を携えブラッシュアップいたします

ようやく
selfcareSupportが
ブラッシュアップします

これまで
selfcareSupportの意をご理解いただき
ご利用くださいました皆様に
改めて感謝申し上げます

ここに至るまで
随分時間がかかり
期せずして
お御代替わりと
重なりましたが

令和の時世と共に
躍進していきたいと思います
どうぞ今後とも
宜しくお願いいたします
selfcareSupport 長塚



本年も宜しくお願い致します

新年を迎え

と思っていたら
もう1月が終わります

自分にとって
去年は予定していた展開に
大きな遅れが生じていました

それも自分自身の
準備が整っていないことの
現れだと受け止めていましたが

自分の中で停滞と思いながらも
予期せぬ展開や
新たな出会いを享受することが
出来ていました

病気も同じような面があると思います

自分の望んでいない展開であっても
あとで考えてみれば
大きな流れの中で
大きな意味を持つことが
わかることがあります

そのようなものの捉え方が
出来るかもしれないことを
知っておくと
困難に直面した時に
慌てたり、不要に落胆したり
することが少なくなります

もっと言うならば
困難と思われる機会を
大いなるチャンスに
転換することができる
と言うことだと思います

そして、そのように
物事にあたることが
定着すると
困難を困難と受け止めることが
無くなり

その困難を
他人のせいにしたり
環境のせいにすることに
意味を持たないことが
明らかになってきます

明日から2月
春を迎え
新しい巡りの始まりです

もし新年に立てた志に
適った1ヶ月でなかったと
思われることがありましたら
調整して春を迎えましょう
よい芽吹きがおとずれます
selfcareSupport 長塚

12/23古事記をたずね己を照らす

12/23の朝会は
「大国主神の神裔と国作り」です

古事記を
こころで読むことで
日々の生活を
こころで観る視点が
定まってきます

「自分が」という
自我の意識を祓う方法は
本当は非常にシンプルです
シンプルなために
気づくとなおざりになっている
ことがあります

そのため
生活の中に型をもつことで
自分を律し支えやすくなります

古事記を読むということは
自分の自我に「気づき」
「癒し」「祓う」が
オールインワンになっている
素晴らしいワークです

古事記を読む視座
大祓詞の奏上を自分の型として
持ってみてはいかがでしょうか?

霊性を高める取り組みは
まるっきり個々の中で行うことですが
仲間で集い行うことで
意識の高まりをさらに感じます
これまで参加されたことのない方でも
どうぞお気軽にお越しください
古事記原文の言霊のエネルギーを
魂に響き渡らせましょう

〜「古事記をたずね、己を照らす」〜
日本のルーツにふれる、ということは本来の自分に立ち返る機会をもつ、そのように受けとめることができると思います。なんとなしに毎日に追われている、そのような時にも「古事記」を鏡としてご自身の「こころ」と会話する機会をもってみますと、ひとつひとつの出来事に対する想いに変化が訪れることでしょう。是非、ご一緒に「古事記」を読みすすめてみませんか。この朝会では「古事記」が集約された祝詞である「大祓詞」を、実践古事記として日常に落とし込む、そんな目標をかかげております。奮って、ご参加下さい

会場:白鹿食堂(札幌市中央区宮の森1239−1 北海道神宮西駐車場内)
テキスト:古事記のこころ 小野善一郎 著(初回ご購入¥2000願います)
会費:各回2000縁(朝食代込み)
食堂は6:30より開場しております

心境のおすそ分け

子供を育てていると

…いつも言っていたじゃない…
というようなことを

今日こういうことがあって
これこれって
こういうことなんだね

と、初めて知ったかのように
教えてくれることがあります

ワタシがいくら
色々なことを言っても
結局、本人が経験して
腑に落ちたことしか
自分のものにならないのだなあ

と、つくづく思います


本を読んだり
話を聞いたりして
学んでいることは

その人の
表現の仕方を
知ったり
学んだり
していることで

その人の経験を
プチ体験するVR
みたいなもの
なのでしょう

だから自分がすでに
経験していたことに
新たな表現を得ると
ふむふむと
納得する(自分のものにする)
けれども

自分の経験していないVRだと
その時限りで
まだ自分の力にはならない
(自分のものにならない)
本当のバーチャルで
終わってしまう
のだと思います

だからと言って
自分の経験の前に
(誰かの)表現を
得ておくことが
無駄になるわけではないので

読むならば
聞くならば
良書にふれて
その方のVRをプチ体験させてもらい
テクニックなどではなく
その心境をおすそ分けして貰うと
良いのだと思います
selfcareSupport 長塚

 

10/28古事記をたずね己を照らす

10/28の朝会は
「稲羽の白兎と八十神の迫害」です

古事記を
こころで読むことで
日々の生活を
こころで観る視点が
定まってきます

「自分が」という
自我の意識を祓う方法は
本当は非常にシンプルです
シンプルなために
気づくとなおざりになっている
ことがあります

そのため
生活の中に型をもつことで
自分を律し支えやすくなります

古事記を読むということは
自分の自我に「気づき」
「癒し」「祓う」が
オールインワンになっている
素晴らしいワークです

古事記を読む視座
大祓詞の奏上を自分の型として
持ってみてはいかがでしょうか?

霊性を高める取り組みは
まるっきり個々の中で行うことですが
仲間で集い行うことで
意識の高まりをさらに感じます
これまで参加されたことのない方でも
どうぞお気軽にお越しください
古事記原文の言霊のエネルギーを
魂に響き渡らせましょう

〜「古事記をたずね、己を照らす」〜
日本のルーツにふれる、ということは本来の自分に立ち返る機会をもつ、そのように受けとめることができると思います。なんとなしに毎日に追われている、そのような時にも「古事記」を鏡としてご自身の「こころ」と会話する機会をもってみますと、ひとつひとつの出来事に対する想いに変化が訪れることでしょう。是非、ご一緒に「古事記」を読みすすめてみませんか   この朝会では最終回までに、「古事記」が集約された祝詞である「大祓詞」を、実践古事記として日常に落とし込む、そんな目標をかかげたいと思っております。奮って、ご参加下さい

会場:白鹿食堂(札幌市中央区宮の森1239−1 北海道神宮西駐車場内)
テキスト:古事記のこころ 小野善一郎 著(初回ご購入¥2000願います)
会費:各回2000縁(朝食代込み)
食堂は6:30より開場しております

応援ありがとうございました

こんにちは
セルフケアサポート長塚です

この度の地震では
たくさんの想いを寄せていただき
ありがとうございました

とても励みになり
チカラをいただいておりました
こころより感謝申し上げます

今回、復旧見込みが
定まらない停電の中で
自分が自分を被災者にしていく
過程を感じとりました

罹災したという気は
無かったのに
じわじわと
不安感に蝕まれていく
(邪気が入ってくる)
感覚です

それは
内なる意識に
内邪が起きていたために
(今回の場合
見えぬ先への不安)
そこに引き寄せられて
入ってきました

外からの引き寄せで
やってくる邪気
これは内なる邪との
共鳴です

我が家では
ネット環境が
不通となっていたので
情報を得るのに
ラジオを使っていました

休むことなく
ずっとしゃべりっぱなしの
アナウンサーの声には
だんだん疲れが
でてきました

読みづらい地名ばかりな上
伝えるべき情報が
多すぎて大変です

噛んだ部分を
訂正することに
余裕が無くなっているのを
聞いてとると

なにやら悲愴感が
暗闇に広がってきた
感じがしたのです

(もしかして
自分は被災者なんだろうか?)

それで
内邪を増幅させないために
ラジオを聞き続けるのを
やめることにしました

一番影響があると
感じたからです

決してラジオが悪い
と言っているのではなく

内邪を増幅させないための
手段として
ラジオを消しました

すると
効果がありました
やはり音の影響といのは
大きいものです

緊張感と疲れから
解放された感じがしました

内なるザワつきを
大きくさせないのは
まだ対症療法ですが
手段として
心得ておくと
いざという時
流れを変える
キッカケとなります

内邪の対処に
悩まれていましたら
気に留めていただけると
良いと思います

地震発生から
3日目の夜がやってきました

震災時に限りませんが
必要な情報以上のものを
受け取っていると感じたら
思い切って情報を遮断してみて
落ち着いた夜を
お過ごしいただければと思います♪

 

祈りのチカラ

この度の地震では
たくさんの想いを寄せていただき
ありがとうございました

とても励みになり
チカラをいただいておりました
こころより感謝申し上げます


復旧見込みが
定まらない停電の中で
経験するこころの変移は
想い(祈り)のチカラを
実感する時間でも
ありました

実は

祈りのチカラ、
医療の分野でみると
心疾患者の治療において
「祈り」に
有意差が認められたという
研究報告があったりします

国内では
祈りのチカラを軽視できない
と考える先生方が
治療として「祈り」を本気で
取り入れるクリニックを
開設されるまでに至っています

「空海記念統合医療クリニック」
お茶の水博士の
モデルの一人とされる
東大名誉教授の医学博士
が発起人

日本で癌専門病院といえば
癌研か国立がんセンター
といわれていますが
その、癌研の漢方サポート科で
13年勤められてきた先生
が院長

目に見えない
意識のチカラは
計量分析することが
まだできていませんが

本当に
チカラが
在ります

見えないからといって
取るに足らないもの
として扱かっていては
まさに本末転倒です
(意識が現象に対し
先行していると言う
意味において)

良くも悪くも
本当に
想いにはチカラが
ありますので

どうか
軽んじることなく
ご自分のチカラを信じて
キレイなチカラを
発揮していただければと
思います
どうぞ宜しくお願い致します
selfcareSupport 長塚